編集プロダクションの制作物

調べよう! わたしたちのまちの施設 図書館

調べよう! わたしたちのまちの施設 図書館

発行  小峰書店

発行日 2020年4月7日

まちの図書館は、学校図書館と何がちがうのでしょうか?
この巻では、東京都の武蔵野市立中央図書館にご協力をいただきました。社会インフラとしての図書館が、いつ、どのようにできあがったのか、市の発展とともに紹介しています。地域の文化をになう公共施設としての役割を、理解しやすいようにまとめました。
その他、郷土博物館と市民スポーツセンター、市民文化会館も紹介しています。

定価:2,800円(税別)

Amazonで買う

対象

小学校中学年から

ページ数

39ページ

4色

判型

A4変型

指導:新宅直人(しんたく なおと)
デザイン:倉科明敏(T.デザイン室)
表紙・本文キャラクターイラスト:すがのやすのり
撮影:樋口涼

調べよう! わたしたちのまちの施設(全7巻)

発行  小峰書店

発行日 2020年4月7日

小学校3年生と4年生で行く、社会科見学のための本です。
みんなの生活になくてはならない、身近な公共施設を厳選しました。
特長は、それぞれの施設のやくわりを3点にしぼり、各巻の冒頭で提示したことです。
また、社会インフラとしての公共施設が、いつ、どのようにできあがったのか、市やまちの発展とともに紹介しています。
施設で働く人たちへ、どんな仕事をしているのかを教えてもらうインタビューページも充実。
「公共」「施設」「税金」などの言葉も無理なく理解できる、中学年にぴったりの公共施設入門です。


【第1巻】市役所
【第2巻】図書館
【第3巻】清掃工場とリサイクル
【第4巻】浄水場・下水処理場
【第5巻】消防署
【第6巻】警察署
【第7巻】防災センター

揃定価:19,600円(税別)

対象

小学校中学年から

4色

判型

A4変型

本文39ページ

指導:新宅直人(しんたく なおと)

デザイン:倉科明敏(T.デザイン室)

表紙・本文キャラクターイラスト:すがのやすのり

撮影:平井伸造、樋口涼