編集プロダクションの制作物

ほんとうにあった オリンピック ストーリーズ

ほんとうにあった オリンピック ストーリーズ

発行  講談社

発行日 2016年5月15日

「ほんとうにあったお話」シリーズが青い鳥文庫からも登場します。第一弾は「オリンピック」と「パラリンピック」がテーマです。トップアスリートの栄光の裏にある真実の姿、オリンピック・パラリンピック出場を目指す選手たちの知られざる物語、そして競技を支える人々の思い……。小学生はもちろん、大人でも、それぞれの競技のことをまったく知らなくても楽しめる一冊となっています。

本書の内容
「美しく 高く とべ!」(体操/内村航平選手)
「メダルよりもかがやいて」(フィギュアスケート/山田満知子コーチ)
「世界でただひとつのメダル」(棒高とび/西田修平選手・大江季雄選手)
「世界一おそいタイム」(マラソン/金栗四三選手)
「もう一度マルシェ!」(車いすフェンシング/藤田道宣選手)
「オリンピックのおいしい舞台裏」(選手村の食事/村上信夫シェフ)
「雪上の鳥になる!」(ジャンプ/高梨沙羅選手)
「ガイドランナー 絆が生んだ栄光」(視覚障害者マラソン/柳川春己選手・安田享平さん)
「前畑がんばれ!」(水泳/前畑秀子選手)
「思いをともす聖火台」(聖火台/鈴木萬之助さん・文吾さん)
「魂の413球」(ソフトボール/上野由岐子選手)
「はるかなるオリンピック」(ジャンプ/久保登喜夫さん)
「人生のチャンピオン」(柔道/山下泰裕選手)
「 それ、ほんとう? オリンピック20のQとA」
ほか

定価:680円(税別)

Amazonで買う

対象

小学校中学年から

ページ数

256ページ

1色

判型

新書判

監修:日本オリンピック・アカデミー(JOA)
執筆:神戸万知、酒井かおる、松原孝臣、水口忠、宮里夢子、本橋りの、八重野充弘、山口理、山本尚央子
画家:下平けーすけ、高山千草、藤原ヒロコ、小池菜々恵装丁:久住和代

講談社 青い鳥文庫シリーズ

青い鳥文庫は、書きおろしの新作から日本や世界の名作まで幅広くとりそろえた子どものための読みものシリーズ。青い鳥文庫の創刊は、1980年。「初めて自分で選ぶ本」として小中学生の高い支持を得ています。

対象

小学校低学年から