編集プロダクションの制作物

ほんとうにあった戦争と平和の話

ほんとうにあった戦争と平和の話

発行  講談社

発行日 2016年6月9日

「ほんとうにあったお話」シリーズが青い鳥文庫からも登場します。第二弾は「戦争と平和」がテーマです。テーマは重厚ですが、けっして希望をうしなわずに、生きぬこうとした人たちの物語として制作しました。読めば希望が湧いてくる一冊になっています。

本書の内容
「マララ 言葉で世界はかえられる」
「世界をつなぐ原爆の子の像」
「氷海のクロ」
「戦争をつたえる人」
「イラクとつながるチョコレート」
「未来へのビザ」
「アンネのバラ」
「盲導犬と奇跡の脱出」
「命を守った校長先生」
「戦火をのがれた40万冊」
「甲子園へのパスポート」
「ひとりぼっちの戦争」
「笑顔を乗せて象列車出発!」
「小さな巨人」
「憲法の力、ことばの力」
「もっと知りたい! 戦争と平和の話」
・ナビラ・レフマン
「オスカー・シンドラー」
ほか

定価:680円(税別)

Amazonで買う

対象

小学校中学年から

ページ数

256ページ

1色

判型

新書判

監修:野上暁
執筆:金田恭子、工藤 圭、国松俊英、神津良子、神戸万知、小手鞠るい、高藤圭希、中根会美、はらさちこ、堀切リエ、宮里夢子、本橋りの、八重野充弘
画家:鴨下 潤、杉原知子、藤原ヒロコ、宮尾和孝
装丁:久住和代

講談社 青い鳥文庫シリーズ

青い鳥文庫は、書きおろしの新作から日本や世界の名作まで幅広くとりそろえた子どものための読みものシリーズ。青い鳥文庫の創刊は、1980年。「初めて自分で選ぶ本」として小中学生の高い支持を得ています。

対象

小学校低学年から