編集プロダクションの制作物

ほんとうにあった犬の話 ワン!ダフルストーリーズ

ほんとうにあった犬の話 ワン!ダフルストーリーズ

発行  講談社

発行日 2019年7月11日

青い鳥文庫「ほんとうにあったお話」シリーズ第三弾は「犬」の物語です。大活躍したベースボールドッグ、盲導犬になれず、登下校の見守をして小学生に大人気の犬、災害救助犬、車いすで懸命に生きる犬、保護した犬の里親を探す大学生サークル、ドッグダンス優勝をめざす犬と飼い主、被災地の動物と飼い主を助ける獣医師、大人気・秋田犬の保護に尽力する人々など、犬と深くかかわる人間の姿も描くノンフィクションです。当社で企画し、編集しました。犬を飼っていない人にも楽しめる、読書感想文にぴったりの一冊です。

本書の内容
「ベースボールドッグわさび 笑顔を運ぶ」
「ぼくたち北里しっぽの会!」
「おはようジェード!第2の犬生」
「生きろ! 災害救助犬 夢之丞」
「おどろうよ ダンスパートナー」
「南の島の奇跡 ラッキーの車いす」
「マサルとザギトワ ふたりは友だち」
「災害と戦え! 竜之介先生」

定価:680円(税別)

Amazonで買う

対象

小学校低学年から

ページ数

224ページ

1色

執筆:箱崎沙織、本橋りの、深谷芙実、藤田千賀、中根会美、酒井かおる
装丁:久住和代

講談社 青い鳥文庫シリーズ

青い鳥文庫は、書きおろしの新作から日本や世界の名作まで幅広くとりそろえた子どものための読みものシリーズ。青い鳥文庫の創刊は、1980年。「初めて自分で選ぶ本」として小中学生の高い支持を得ています。

対象

小学校低学年から