編集プロダクションの制作物

パンプキン! 模擬原爆の夏(青い鳥文庫)

パンプキン! 模擬原爆の夏(青い鳥文庫)

発行  講談社

発行日 2019年6月13日

青い鳥文庫のベストセラー小説『若おかみは小学生』で知られる令丈ヒロ子が2011年に発表した同作の青い鳥文庫版。終戦直前の1945年、日本各地に落とされた練習用の原子爆弾「模擬原爆」の存在を知ったことをきっかけに、ふたりの小学生が戦争に、原爆について思いをめぐらせます。絵は『がんばれ、アンズ! けいさつ犬になったトイプードル』『ゲンバクとよばれた少年』等で知られる宮尾和孝が担当。大阪市東住吉区田辺の町、夏の間に成長するふたりの姿を描きました。青い鳥文庫版には、『アノネ、』『cocoon』等で知られる漫画家の今日マチ子のスペシャルインタビュー「戦争を描くこと」を掲載。夏の自由研究にぴったりの一冊となっています。

定価:660円(税別)

Amazonで買う

対象

小学校中学年から

ページ数

128ページ

1色

判型

新書判

作:令丈ヒロ子
絵:宮尾和孝
装丁:淺田有季(オフィス303)
編集協力:立花もも

講談社 青い鳥文庫シリーズ

青い鳥文庫は、書きおろしの新作から日本や世界の名作まで幅広くとりそろえた子どものための読みものシリーズ。青い鳥文庫の創刊は、1980年。「初めて自分で選ぶ本」として小中学生の高い支持を得ています。

対象

小学校低学年から